Home » 講師からのメッセージ

講師からのメッセージUp and Up English School

私はオーストラリアに16年滞在し、英会話ができるようになりました。「英語を話せるようになるには海外へ行くのが良い」と言いたい訳ではありません。海外に住んでいても話せない、自分の思いを英語で伝えられない人は大勢います。 逆に、海外に行ったことがない人でも、流暢に英語を話せる人はいます。

では、なぜ同じ条件で、英語を話せる人と話せない人がいるのでしょうか。 その答えは、口に出して英語をとことん「話す」あるいは「会話」をしたかどうかです。

私は、スムーズに留学生活を送れるように、留学前に英語塾へ通い、頑張って勉強しました。しかし、自信を持って留学した私は、他の国からの留学生や現地の人とコミュニケーションが全くとれず、その生活環境の厳しさに挫折しそうになりました。

「あんなに英語を勉強したのになぜコミュニケーションがとれないのだろう?」

悩んだ私は、あることに気づきました。 私が学んだのは英語の単語や文法であって、コミュニケーションをとるのに必要な英会話法ではなかったのです。

それ以降、私は積極的に自分のまわりにいる人々とコミュニケーションをとるようにしました。初めはなかなか通じなかった自分の英語でしたが、繰り返し英語を話すことにより自分の意思を相手に伝えられたり、相手の意思が自分に伝わってくるようになったりしました。 読む・聞くよりも、反復のアウトプットでようやく「英語を話せる」ようになるのです。

日本へ戻った私は、一人でも多くの人により早く、より効果的に英語を話せるようになってもらいたいと思い、あらゆる英語教材を探し、あらゆる英語教室に足を運びました。 会話の時間を設ける英会話教室もありましたが、それだけでは英会話力は伸びないと感じました。英語を話せるようになるには、半強制的に、かつ反復的に英語を話させることであると再認識しました。そこで出会ったのがカランメソッドです。

「英語を話したい」「英語で伝えたい」と思っていても、なかなか話せず悩んでいる人は、もしかすると勉強法が違うかもしれません。

ネイティブの方に英語で話すのは緊張して萎縮して話せない、伝わらずに途中であきらめてしまうという声をよく聞きます。ネイティブの講師によるレッスンで、全く英語が分からない人に英語だけで話し、理解できずに何分も時間が過ぎるのは、非効率だと思います。 私は日本人です。 発音は完璧なものではないかもしれません。それがマイナスポイントとは思いません。基本的にレッスンは英語で行いますが、日本語と英語での微妙なニュアンスの差を日本語で伝え、サポートできるのは強みであると思います。半強制的で反復的に英語を話すレッスンで自然と英語マインドになり、話す度胸を身につけることができる為、それをネイティブの方との会話に生かせるのではないでしょうか。

私の今までの経験を生かし、「本気で英語を話したい」と思う人に、「話せる為の英語勉強法」を伝えることができたら、と強く思います。

新着情報一覧What's new

コース

 

体験レッスン

Advertisement

Copyright(c) 2012 Up and Up English School All Rights Reserved.